注目される地域科学研究所の取り組み

地方には、都市部にはない魅力がいくつも詰まっています。サービスとしても魅力的なものが多いでしょう。地域科学研究所によっておこなわれている事業も、地域の価値を上昇させるというところに魅力があるでしょう。地域が持っている誇りを取り戻し、さまざまな部門として活用することが地域科学研究所の理念だそうです。地域の人とともに一緒になって考えていく、新たな価値の創造もその中には含まれています。

地域科学研究所によっておこなわれたものの中には、小学校として使われていた校舎の再利用があります。かつては学校として活用されていても、統廃合で使われなくなったところがいろいろとあります。その校舎を移築したり改築したりすることによって、地域科学研究所が博物館に仕上げた例もあるようです。シェアオフィスやカフェとして活用することも検討されており、多目的な建築物として再建されています。もともと教室だったスペースは、非常に広い空間を持っています。イスや机もそのまま使うといった方法もあり、地方だからこそできる魅力を発信できるようになるでしょう。面白い取り組みとして、古い建物だったことで残されている廊下を雑巾がけするといった大会もおこなわれているようです。これまでに考え利用されてきたような方法とは違う再利用が、地域科学研究所であればできるといえるでしょう。

地域だからといって、未来がないわけではありません。逆に持ち味を発揮できる機会をどうつくり出していくのかというところが焦点になってきます。海外でも盛んにおこなわれてきているところですが、地域科学研究所はICT技術も活用しながら創造を進めてきているのが特徴だということです。地方の力が、日本を支え変えていけるきっかけにもなっていくのでしょう。

地方の持つ環境も生かしていくというのが地域科学研究所です。人と自然が共生することによって、持続可能な社会の形成ができるようになるでしょう。こうした研究活動も地域科学研究所の範囲のようで、さまざまな取り組みを進めているといいます。人が生きていくためには、自然がなければいけません。いかに共生できるのか、地方を活性化させるカギにもなってきます。地域科学研究所は、低炭素社会への取り組みもおこなわれているというところも注目で、電気使用量の削減活動といったこともおこなわれているようです。オフィスの運用方法のひとつになってきますが、自然光の有効活用を考えていくことによって、低炭素社会をつくり上げていくきっかけになるでしょう。多くの取り組みがおこなわれていることからも、地域科学研究所は注目されているといえそうです。

管理人が選ぶサイト◇◇◇株式会社 地域科学研究所|オオイタカテテ|大分の魅力的な情報、就職情報発信マガジン